ご売却する上で必要なもの

ご売却される際には、さまざまなものを揃える必要があります。市役所にお問い合わせいただく書類もありますので、すべてを揃えるにあたってお時間が掛かります。以下の必要書類をチェックして、余裕をもってお早めに揃えておくとお手続きがスムーズになります。

必要なものについてチェックしよう!

実印と印鑑証明書

名義を共有している方がいる場合は、共有者分も必要になります。

権利証

内容確認と所有権の移転登記の際に必要になります。

住民票

現住所と登記上の住所が異なる場合のみ必要になります。 その際、名義を共有している方がいる場合は、共有者分も必要になります。

固定資産税の納税通知書

固定資産税・都市計画税の年税額を確認するときに使います。

管理規約・総会資料・使用細則

会社から配布されている場合は確認しておきましょう。

※決済前に新居の住所移転手続き(転出届)を行う場合は、予め住民票と印鑑証明書(名義人)を取得しておいてください。決済日に行われる登記申請において、登記簿上の住所と一致した住民票、印鑑証明が必要となるためです。尚、双方ともに有効期限は使用日より3か月以内のものです。

もっと詳しく知りたい方へ

リノベーションや、ご売却依頼(査定)、コンバージョン、シェアハウスなど、詳しく知りたい方は、こちらまでお気軽にお尋ねください。
質問や疑問なども、承っております。

  • 【株式会社Rバンク】
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビル3階
  • TEL:03-5464-2520(代表)| FAX: 03-5464-2521

Rバンクにお問い合わせする